b.glen





おすすめのトライアルキットはこちら






毛穴 対策

毛穴の開く・黒ずみ対策におすすめ

吸着による肌にやさしい洗顔料
時間を巻き戻す化粧水
高濃度ビタミンC美容液で毛穴を引き締める
長時間潤いが続く保湿ゲル


毛穴対策コスメ 詳細はこちら



にきび 対策
敏感肌のかたにもおすすめ
大人ニキビ対策

刺激が少なく・うるおいを保つ
ビタミンCでトラブル肌をケア
保湿とバリアでニキビのできにくい肌へ



にきび対策コスメ 詳細はこちら




ほうれい線 対策

たるみ・ほうれい線ケアにおすすめ

うるおいを残しながら古い角質を落とす洗顔料と高保湿化粧水
角層の奥へ浸透し、高密度なハリを育む美容液
エモリエント効果の高い濃厚なクリーム



ほうれい線対策コスメ 詳細はこちら



シミ 対策


シミ対策・美白におすすめ

汚れや古い角質はもちろん、くすみの原因になる毛穴の中
で酸化した皮脂もしっかり吸着洗顔

高い保湿効果とブライトニング効果のある化粧水
高濃度(7.5%)のピュアビタミンCを配合した美容液
QuSomeR化ハイドロキノン配合のホワイトニングクリーム


シミ対策コスメ 詳細はこちら



ニキビ跡・対策


ニキビ跡対策におすすめ

ニキビの原因となる汚れや角栓をしっかり吸着洗顔
ニキビの炎症によってダメージを受けた角層の奥まで浸透する化粧水
肌の凹凸にも色素沈着にも効果的な働きをもたらす美容液



ニキビ跡対策 詳細はこちら




ビーグレンオータムセール

 

 

 

日程は毎年変わりますので・・ビーグレンセール情報は公式サイトにて

 

 

ビーグレンセール 詳細はこちら

 

 

 

 

 

ビーグレンとは・・

 

 

○ドクターケラーが開発した、特許浸透テクノロジーが
コスメの域を超えたスキンケア製品

 

○効果に満足いただけなかった場合は、ご購入後365日
以内は全額返金

 

○ニキビ、しみ、しわ、たるみ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ
でお悩みの方には特におススメ

 

 

 

こんな方にオススメです

 

○頑固なシミで悩んでいる 
○最近シワが増えてきて困っている
○毛穴の開きが気になる
○大人のニキビが治らなくて悩んでいる
○お肌がたるんで、顔が老けて見える

 

 

 

 

スキンケアおすすめガイド

遅くに眠る習慣や野菜不足生活も、顔の皮膚のバリア機能を下げさせるので、美肌から遠ざける環境を誕生させやすくしますが、スキンケアのやり方やライフサイクルを見直すことで、荒れやすい敏感肌は治癒するはずです。
保水力が良いと聞いている化粧水で足りない水分を与えると、肌の代謝が進展すると聞きます。油がちのニキビも肥大傾向にならないで済むと考えてよいでしょう。たとえ少しでも乳液を使用するのはやめましょう。
洗顔により肌の水分量を、全てなくさない事だって大切なことになりますが、肌の古くなった角質を取り除くことも美肌に関係します。金銭的余裕がある時は角質を剥いてあげて、美しくしていきましょう。
活用する薬の影響で、使っているうちになかなか治らないような良くないニキビに変貌することも有り得ます。他にも洗顔手段の誤った認識も、いつまでも治らない元になっていると考えるべきです。
美白に悪影響を及ぼす1番の要因は紫外線。いわゆる皮膚の新陳代謝不順が一緒になって、毎日の美肌は望めなくなります。いわゆる皮膚の新陳代謝不順よく聞く主な理由とは、老化に伴った皮膚状態の弱体化にあります。
肌を美白にするための商品の有効成分の働き方は、皮膚メラニンが生まれることを阻むものです。シミの作らないようにすることは、今日浴びた紫外線により今できたシミや、シミというシミに目に見える効果を出すとされています。
何年もたっているシミは、メラニンが深い場所に多いので、美白のためのアイテムを半年近く使っていても変化があまり実感できなければ、クリニックで診察をうけるべきです。
一般的に何かしら顔のスキンケアのやり方または、用いていた商品が決してあってはいなかったから、長い間顔にできたニキビが綺麗さっぱりと消えにくく、ニキビの傷あととして跡がついていたのだろうと推測できます。
顔の皮膚が痛くなるほどの洗顔を毎朝やっていると、顔の皮膚が硬くなりくすみ作成のきっかけになるとみなされています。タオルで顔をぬぐう際も油分まで落とさないように当てるだけできちんと拭けるはずです。
先々のことを考慮せず、見た目を可愛さだけをとても追求したあまりにも派手なメイクが、先々のお肌に深刻な損傷を与えることになります。肌が若いうちに、問題ないスキンケアを知っていきましょう。
目立っているシミだとしても問題なく作用する物質であるハイドロキノンは、高いコスメなんかより、今後のメラニンを増強させない力がとても強いのみならず、すでにできてしまったメラニンにも元に戻す作用があると言われています。
あるデータによると、最近の女の人の多数の方が『私は敏感肌だ』と自認してしまっていると言われています。一般的な男性にしても同様だと思っている人は割といるはずです。
むやみやたらと美白に関するものを使うことはしないで、できてしまった「日焼け」や「シミ」の要因を学んでいき、一層美白を手に入れるための見聞を深めることが有益な手法だと言っても過言ではありません。
入浴中に徹底的に洗う行為をするのは悪い行為ではありませんが、肌の保水作用をも流し過ぎないように、バスタイムにボディソープで肌を確実にボディ洗浄するのは何回も繰り返さないようにして肌を守りましょう。
美白のためのコスメは、メラニンが入ることで発生するすでにあるシミ、ニキビ痕や消えにくいとされるシミ、肝斑にも対応可能です。クリニックが所有するレーザーは、肌の中身が変異を起こすことで、硬化したシミにも効果があります。